PageTop

近江ビスポーク D-Guy
滋賀 オーダースーツ専門店
TEL.077-583-7351
CLEANING & MAINTENANCE

スーツのクリーニングと正しい保管方法

スーツのクリーニング頻度

クリーニングの理想は1シーズンに1回

 スーツをクリーニングに出す場合、1シーズンに1回程度がベストだと言われています。スーツが傷んでしまう可能性がある為、何度も出すのはよくありません。そのため、スーツをクリーニングに出すのは1シーズンにつき1回で十分だそうです。

 しかし、単にクリーニングに出すだけではなくスーツの保管やお手入れ方法を正しく理解することがスーツを長く着用できるようになる秘訣なのです。

スーツについた臭いやシワの取り方とは

 クリーニングに出すのは1シーズンに1回が理想ですが、スーツについた臭いやシワはどのように取るのでしょうか。クリーニングに出さず簡単にこの問題を解決できる方法があるのです。

 スーツについてしまった臭いは、スチームアイロンを使用することで簡単に取れます。さらにシワがついてしまった場合は、シワの部分に霧吹きで水をかけ、風通しのいい場所で「陰干し」することでシワが取れます。

夏場や汚れがひどいときはクリーニングに出しましょう

 スーツをクリーニングに出すのは1シーズンに1回がベストと言いましたが、

夏場などで多くの汗をかいたり、過度の汚れがある場合は、やはりクリーニングに出しましょう。

また気になる汚れや臭いがある場合も1シーズンに1回と決めずにスーツをクリーニングに出すことも大切です。

しかし、ご自身で洗濯洗剤や漂白剤を使って洗濯をしないようにしましょう。

クリーニングを出すときの注意

汚れている箇所や気になるところを明確に伝える

 クリーニングの出し方として汚れている箇所や気になるところは必ずを伝えることが大切です。

 特に梅雨の時期になると、雨や泥でスーツの裾が汚れたり、夏場なると汗によって首やわきの汚れが気になります。
クリーニングに持っていくだけでは気づいてもらえないこともあり、
汗取りや汚れなどご自身で気になっている部分はしっかりとクリーニング業者に伝えることがもっとも大切です。

スーツはクリーニングに出したからといってそれで終わりではありません。

ハンガーにかけて押入れに保管しているだけではスーツを傷めてしまうかもしれません。

クリーニングに出した後のお手入れや保管方法をしっかりと理解することで

スーツの持ちが全く変わってきます。

クリーニング後はスーツをカバーから出す

 スーツをクリーニングに出した後は、カバーからスーツを出して保管することが大切です。クリーニングから戻ってきたスーツのほとんどは、ビニールのカバーに入っていると思います。ビニールのカバーに入ったままクローゼットに保管すると、湿気がたまってしまう可能性があります。

 湿気がたまってしまうとカビてしまうこともあるので、スーツを保管する際は通気性も考える必要があります。その為、ビニールのカバーを外して保管することが大切です。

ハンガーもスーツのラインにあったものを使用する

 スーツを保管する際にハンガーも重要になります。例えば、細いハンガーに長い期間スーツをかけていると、肩など部分にハンガーの型がついてしまいます。せっかくスーツをクリーニングに出したのが無駄にならない為にも、厚みがあり、スーツのラインにあったハンガーを使用することが大切です。。

 型崩れを防ぐ為にもスーツのラインにあったハンガーを選ぶことでスーツを長く着ることがで着るのです。

クリーニングの出しすぎが短期間でスーツをダメにする

 クリーニングに出す頻度が多いと、スーツの羊毛に含まれる油分を洗い流してしまい、逆にスーツが汚れやすくなり、短期的にくたびれやすくなってしまう為、クリーニングの出しすぎは短期間でスーツをダメにする要因となります。

 その為、スーツのクリーニングは出しすぎには注意が必要です。

定期的メンテナンスがスーツを長持ちさせる

 1シーズンに1回、スーツをクリーニングに出す場合は、普段のメンテナンスも非常に大切です。

 スーツを着たあとは毎回ブラッシング。またアイロンでシワを伸ばすなどのメンテナンスを行うことが大切です。こういったメンテナンスを行うことでスーツが長持ちするようになります。

オーダー方法
ギャラリー
来店予約
オーダースーツの基本と選び方
メンテナンスについて(クリーニング)